「法律事務」というと難しそうだけど、どんな仕事だろう。
未経験でも応募可能という求人をみるけれど、本当に法律を知らない私にもできるだろうか。
女性が長く続けられる仕事とは、どういうことだろう。

そんな疑問を解消するべく、法律事務経験者の方にお話を伺いました。

「法律事務」の仕事について

― 法律事務所へ就職したきっかけを教えてください。

「私は新卒未経験で法律事務の仕事を始めました。結婚や産休で退職しても再就職しやすく、女性が長く働ける仕事を探していたのと、専門性の高い仕事をしたかったこと、また漠然と「法律事務」という響きがかっこいいと思って決めました(笑)。法律事務というと法律の知識が必要なのでは?と思われる方は多いかもしれませんが、実は初めはそれほど使う機会はありません。むしろ、PCを使用した事務や接客・電話応対をこなしていく事の方が重要です。事務や接客の経験がある人の方が、慣れるのは早いかもしれませんね。」

― では、法律知識は全く問われないのでしょうか。

「私の場合は、任される仕事に応じて、法律知識を習得していきました。法学部出身ではなかったので、勉強するにもどこから手をつけていいのか、最初は勘所が掴めず大変でした。弁護士や先輩に教わりながら、徐々に慣れていくという日々でした。法律に関する仕事は、わからないことが出てくることが多くありますので、積極的に調べる、勉強していくという姿勢、向上心が大切ですね。」

― なるほど、非常に参考になります。具体的には、どういった仕事をされているのでしょうか。

「私が在籍している事務所は規模が大きくないので、法律事務だけではなく、一般事務から雑用まで幅広く担当しています。具体的には、電話応対、受付・お茶出しなどの接客、コピー、ファイリング、郵便物の対応、裁判スケジュール管理・弁護士スケジュール管理、顧客との連絡、裁判所への書類提出など、幅広く担当しています。今後は、判例や文献の調査、法律文書の作成やチェックなども携わっていく予定です。」

― 幅広いですね。大変と感じることはないですか。

「大変だと感じることは多いですが、それだけやりがいも感じます。事件をこなすほど、スキルアップができているという実感があります。また、もし私自身が生活していく上でトラブルに巻き込まれても、冷静に対処できる自信がでてきました。友人や知人からも相談されることもありますよ。」

 

ミスは許されない分、やりがいがある

― 非常に興味深い仕事ですね。法律事務の厳しさ、やりがいを教えてもらえますか。

「依頼者の人生に大きく関わる仕事ですので、責任は重大です。ミスが直接、依頼者の不利益につながってしまう仕事ですので、常に慎重に気を配りながら仕事を進めなければなりません。その分、依頼者が望む結果を出せた時には、上司である弁護士や依頼者に感謝され、充実感を覚えますね。気にかけていた依頼者の方から、お礼のお手紙をもらった時やお電話を頂いた時には、思わず嬉し泣きをしてしまったこともあります(笑)。」

 

専門性と多様なキャリアプランが魅力

― 法律事務のキャリアプランについて伺えますか。

「法律事務を経験しておくと、年齢を重ねても採用されやすいです。私の友人で結婚、産休で辞めた人がいますが、勤務していた事務所へ復帰した方もいれば、他の事務所へ再就職をした方もいます。いずれも、すぐに決まったと聞いています。また、働きながらもしくは一旦退職して、司法書士や行政書士の資格を取り、キャリアアップや独立をする方もいますよ。人によって多様なキャリアプランを組める仕事だと思います。」

 

法律事務を目指す方へのメッセージ

― 本日はありがとうございました。最後に、法律事務を目指す方へメッセージをお願いします。

「厳しさもありますが、やりがいのある非常に楽しい仕事です。向上心をもって仕事に取り組んでいきたい方、専門性や手に職をつけて働きたい方にはおすすめします。私自身がそうであったように、法律の知識がなくても、勉強していく意欲さえあれば、決してできない仕事ではありません。応援しています!」

他にも色々と伺いました

― 法律事務所の雰囲気について

「私が勤めている事務所は案件が比較的多いため、弁護士や所員同士のコミュニケーションが盛んです。黙々と仕事をするのは好きではないので、今の職場の雰囲気は私に合っていると感じています。他の法律事務所に勤めている友人に話を聞くと、彼女の職場では電話が鳴る以外は静かな環境だそうです。私の事務所の先生は話し好きなのですが、友人の職場の先生は寡黙で真面目な方ということでした。先生の雰囲気が、職場の雰囲気に反映されることが多いかもしれませんね。法律事務として就職するときには、上司になる弁護士との相性をよく見るのが大事かもしれません。」

 

ある一日のスケジュール

 

   9:00

出勤 メールチェック、弁護士のスケジュール確認

   9:30

弁護士より依頼のあった急ぎの案件に対応

12:00

ランチ

13:00

裁判所へ外出

15:30

依頼者の応対(会議室へ通して、お茶出しをする)

17:30

受任している事件の進捗確認、明日のスケジュールを確認

18:00

帰宅

 

 

法律事務の求人はこちら

就職・転職サポートのお申込み

 

 

 

Copyright©Legal Bright Inc.All Rights Reserved.